ソフトバンクのあんしん保証パックでPayPayボーナスが付与されるまでの記録

先日iPhoneの画面が割れてしまったため、正規ストアにて修理をお願いしました。

『ソフトバンクあんしん保証パック with AppleCare Services』
に加入している方は、ストアにて修理代金支払い後、
PayPayで修理代金と同額分のポイントが返還されるというサービスが受けられます。

公式HPでは修理代金をPayPayボーナスの還元して貰うための申請手順が分かりづらかったため、今回一連の流れをまとめました。

まず初めにソフトバンクあんしん保証パック with AppleCare Servicesについて軽く説明します。
サービス内容については分かっている!という方は、
目次からPayPayボーナス付与までの流れまで飛んでください。

iPhone,iPadを契約している場合、
月々650-1190円の月額使用料で(機種により金額に差があります)Apple社の保証である『AppleCare』にプラスして、
データ復旧サポートや修理費のPayPay全額負担などが受けられるサービスです。

ソフトバンクでiPhone,iPadを契約,機種変更するとお店の方に必ず加入をオススメされます。

PayPayボーナス付与までの流れ

PayPayボーナス付与までの流れをざっと説明していきます。

今回の修理内容は、画面割れを直してもらう事です。

Apple正規サービスプロバイダにて修理を予約

このご時世、都心にあるAppleストアまで足を運ぶのは避けたかったため、
Apple正規サービスプロバイダであるカメラのキタムラにて修理を予約しました。

必ずAppleストア 又は Apple正規サービスプロバイダの店舗でお願いしましょう。

正規店舗以外で修理を行ってもAppleCare及びあんしん保証パックのサービスは受けられません。

修理日当日の流れ

予約日に店舗へ向かい、iPhoneを預けます。

店員さんの指示に従い、お店のiPadで同意書の確認をしサインをしました。

『30分後には修理が出来上がるので、外出してもOK,店内で待っていてもOK』との事。
番号札を渡されます。

30分後にレジへ声掛けを行うと、綺麗に治ったiPhoneを受け取り、店員さんと一緒に傷や動作の確認。

iPhoneに問題がない事が確認出来たらサインをしてレジで修理金額を支払います。

今回はiphoneの画面修理代として、AppleCare価格の3700円を支払いました。
ちなみにもしAppleCareに入っていなかった場合は30,400円かかる所でした…(iPhone11Proの場合)

レシートと一緒に修理完了報告書を受け取り完了です。

【カメラのキタムラ】iPhone修理にかかる時間と金額について。

2020年12月8日

カメラのキタムラでの修理の流れに関してはこちらの記事にて紹介しています。

PayPayボーナス受け取りの手続きについて

PayPayボーナスの受け取りですが、iPhoneにPayPayアプリが登録されていて、
ソフトバンク・Yahooのアカウントとの紐づけが完了している場合、自動的にPayPayボーナスの受け取りが行われます。

以前は修理代金の還元申請が必要でしたが、
PayPayボーナスが導入されてからは申請や登録などの必要は無くなりました。

自動的に修理代分のポイントが付与されるのを待つのみです。

PayPayボーナス付与までの期間について

修理が完了してからPayPayボーナスが付与されるまでには少し時間がかかるので注意が必要です。

ボーナス付与までの期間、Appleやソフトバンクからの連絡などは特に来ないため、きちんと返還されるのか不安になりますがしばらく待ちましょう。

私の場合は
10月21日に修理が完了し、
11月30日にPayPayボーナスが付与されたため、
修理代金の還元までにかかった日数は9日でした。

還元が行われた際の通知について。

還元が行われたタイミングでSMSが届きました。

電話番号のショートメールであるSMSで、157からの通知でした。
いつもソフトバンクからお知らせが届く番号です。
内容は以下の通り。

PayPayボーナス付与の対象外の項目に注意!

余談ですが、あんしん保証パックでのPayPayボーナス付与の対象外になる項目もあるので注意してください。

例えば以下の場合など…
・配送交換での修理・交換
・Apple Pencil、iPad用純正キーボードの修理

詳しくはソフトバンク公式HPや店舗にてご確認下さい。