【セーラームーン無印】セーラームーンの代役を務めた荒木香衣さんが収録された話数について

1992年に放映されていたアニメ、セーラームーン(無印)。
最終回間近にうさぎ役の三石琴乃さんが急病となり、収録に代役を当てることとなりました。

代役を務めたのは荒木香衣(あらきかえ)さん。今回は三石琴乃さんが収録出来なかった話数や代役についてを記事にしました。

三石琴乃さんの病状などに関してはこちらの記事で紹介しています。

セーラームーンの声優が代役になっている話数

セーラームーン役が三石さんから代役の荒木さんに代わっているエピソードは44-50話までの7話です。

第44話
うさぎの覚醒! 超過去のメッセージ
第45話
セーラー戦士死す! 悲壮なる最終戦
第46話
うさぎの想いは永遠に! 新しき転生(無印最終回)
第47話
ムーン復活! 謎のエイリアン出現(第2シリーズ『R』第1話)
第48話
愛と正義ゆえ!セーラー戦士再び(第2シリーズ『R』第2話)
第49話
白いバラは誰に?月影の騎士登場(第2シリーズ『R』第3話)
第50話
うさぎの危機!ティアラ作動せず(第2シリーズ『R』第4話)

どうして荒木香衣さんが選ばれた?

荒木香衣さんが代役に選ばれた理由についてです。

セーラームーン声優オーディションの際に、三石琴乃さんと一緒に最終選考まで残っていた荒木香衣さん。
三石さんの入院が急だったこともあり、スケジュールの都合が付いた荒木さんが代役に抜擢されました。

当日の荒木さんは声優としてまだ知られておらず、仕事はいわゆるモブキャラの声当てのみ。
セーラームーンの代役が入り一転し、声優の仕事一本でご飯が食べれる様になったそう。

その後、ちびうさ/ちびムーン役に抜擢

セーラームーンの代役として6話分の収録を終えた荒木さん。

60話のちびうさ初登場回より『ちびうさ/セーラーちびムーン」役として作品に帰ってきます。

ご本人は、”自身にセーラームーンの代役は重すぎる”とプレッシャーを感じていた様ですが、代役での演技が認められちびうさ役としてオファーされる事となりました。
各戦士の声優は全てオーディションで勝ち抜いた人が選ばれているなか、ちびムーン役の荒木さんのみがオーディション無しでの決定となりました。

セーラームーンRのアイキャッチは最後まで荒木さんのまま

セーラームーンRのアイキャッチのセリフ、『アール!』の部分はR放送開始前に収録したため、荒木さんの音声のまま最後まで使用される事となりました。